スポンサーリンク

【プレパパに知って欲しい】産褥期のリアル 産後ママの体験レポート

出産
りんごママ
りんごママ

こんにちはりんごママです。ブログへのご訪問ありがとうございます。
現在地元沖縄にて夫のおっとちゃんと夫婦で育休を取得しています。

こちらの記事では

  • 産後ママの身体について知りたい
  • 産後ママの役に立てることを知りたい
  • 産褥期とは何か知りたい

このようなお悩みをお持ちの方におすすめの記事です。

スポンサーリンク

産褥期(さんじょくき)とは何か?

産褥期とは、出産を終えたママが元の身体の状態に戻るまでの時期のことを言います。

産褥期の回復には個人差がありますが、大体6週間〜8週間ほどかかると言われていて、私も「元の体に戻って復活したぞ!」と思えたのは1か月半〜2か月でした。

この時期は体をゆっくりやすませる必要があるといわれていて、回復までの時間が長引いてしまうので、無理は禁物です。

この時期のママの体はとてもダメージを受けていますので、周りのサポートが必要です。

この記事を読んでくださっている、プレパパさんに声を大にして伝えたい。

りんごママ
りんごママ

今こそ!ママを助けるスーパーマンになってほしいです!

私りんごママから宜しくお願いいたします。(丁寧なお辞儀)

私が感じた出産後の体の変化も交えてお話をしていきたいと思います。

産後私の体に現れた変化について

私は、昨年の夏に娘を出産していて、普通分娩でした。

帝王切開の経験はないので、普通分娩の感想にはなってしまうのですが、ご了承ください。

また、若干リアルな表現があるので、苦手な方はここからは記事を読むのをお控え頂いたほうがいいかもしれないです。

子宮の変化

産後、子宮は元の形に戻っていくために収縮をします。

その収縮に伴い後陣痛というものがあり、生理痛のような痛みが産後1週間ぐらい続きました。

また、悪露(おろ)というものが産後つづきます。出産後に子宮にあった血液と分泌物が外に排出されていきます。

悪露は最初の4、5日は私の場合は特に多くて、その後だんだん少なくなっていき普段どおりにもどっています。

色は、鮮血→くすんだ赤色→すこしピンク→黄色っぽい色→白のような色で変化がありました。

りんごママ
りんごママ

産後の出血から貧血気味になっていたので、鉄剤をのんでいました。

会陰切開(えいんせっかい)

出産の際に、おまたが裂けないように、おまたを切開します(ひゃー。)

因みに、全員がするわけではないらしいのですが、私は必要があったようでしました。

分娩中は会陰切開の痛みよりお腹の痛みが勝るので、正直あまり痛くなかったです。

ですが、産後の縫合と鎮痛剤が切れる時から痛みがありました。

立っててもしんどい、歩くのも辛い、座るのも怖くてそーっとすわりました。

病院からは希望する人には鎮痛剤が処方してもらえたので、痛みに弱い私は遠慮なくお願いをしました。

家に帰ってからもこの痛みは続いて、私はだいたい2週間ぐらいでは和らぎました。

りんごママ
りんごママ

ドーナツ型のクッションを入院のときに持っていきました。病院にもありましたが、数が限られていたので重宝しました。

便秘になる

あまり大きい声でいいたくないのですが、便秘になりました。

会陰切開の影響で、おトイレにいくのがこわいのです。

産後のみなさんに、便を柔らかくするお薬が処方されました。

お医者さまや看護師さんと相談して飲むかどうかみなさん決めていらっしゃいました。

りんごママ
りんごママ

ひどい方は痔になってしまう方もいらしゃるようです。

骨盤がグラグラ

出産で骨盤は開いてしまっているので、ちょっと違和感がありました。

産院によっては、骨盤矯正ベルトを産後に締めてくれるところもあるようです。

骨盤の開きは腰痛などの原因になるようでして、私は、トコちゃんベルトを購入して自分で締めました。

りんごママ
りんごママ

骨盤が開くことによって尿もれがひどくなることもあるそうです。

母乳が出てくる

産後ちょっとしてから、母乳がではじめました。

勝手にでてくるわけではなく、看護師さんにマッサージをしてもらって出しました。

それがとてもつもなく痛かったです。

その日の夜、突然とてつもない寒気に襲われて熱をだしました。

胸がパンパンに張ってとても痛かったので、看護師さんの助けを借りて絞りだすと少し引きました。

乳腺炎になって再入院する方も中にはいらっしゃるようなので、気をつけて搾乳機で時間が来たら絞るようにしました。

搾乳機は手動もありますが、自動が絶対いいと個人的に思います。

眠たい中、手動でシュポシュポ地道に絞るよりも機械に頼りたいです。

また、あかちゃんがうまく乳首をくわえることができなくて、痛めてしまい授乳の度に痛い思いをしている方もいらっしゃいます。

りんごママ
りんごママ

熱を出してしまった時は本当にしんどかったです。

睡眠不足になる

産後の赤ちゃんは3時間毎の授乳を必要とします。

ママは3時間睡眠時間が取れるわけではないです。

私の娘の場合は、生後1か月頃までなかなかおっぱいが上手に吸えなくてギャン泣き。

少しならしつつ、ほぼ搾乳に頼っていました。

起きる→オムツ変える→おっぱいの練習と搾乳したもの→吸わなくてミルク足す→搾乳する→寝かす→やっと休める

このような流れが一連の流れになっていて、横になれるのは1時間半程度。細切れ睡眠です。

生後3か月頃、やっと4,5時間のまとまった睡眠を取ることができました。

りんごママ
りんごママ

蒸気目を温めるような使い捨てアイマスク重宝しました。

産後うつ

出産後、急激なホルモンの変化で産後うつになりかけていました。

産後にあった病院での検診では、うつになっていないかチェックするカウンセリングがありましたが、私はひっかかり、翌週に再面談になりました。

面談では悩みを打ち明けて大泣きしながら看護師さんとはなしました。

看護さんがとてもいい方で寄り添ってくださり、なんと一緒に泣いてくださるような素敵な方でした。

赤ちゃんを生かすことに必死で、心底かわいいと思えたのは生後2か月ごろでした。

ホルモンに振り回された産前産後で、メンタルが一番しんどかったです。

私にあった産後のメンタルの症状は

  • 感情の起伏が激しい
  • なんでもないのに勝手に涙が出てくる
  • 疲れていて覇気がない
  • 傷つきやすい
  • 人に会いたくない
  • 外に行きたくない
  • 物忘れが激しい
  • やる気が起こらない

今振り返ると結構ひどかったです。

おっとちゃんや周りのサポートがあったにも関わらずうつっぽい症状が出ました。

自分で言うのもなんですが、普段はとってもポジティブで、マイナスなことばを人には使わないように気をつけているぐらいです。

だんだん症状はよくなって、産後2か月頃からは笑顔が自然とでてきました。

今悩んでいるママさんを、大丈夫だよと全力で抱きしめてあげてほしいです。

りんごママ
りんごママ

自分の奥さんはメンタル強者なので大丈夫と過信せずに、しっかり寄り添ってほしいです!

産後私がしてもらって嬉しかったことに関してはこちらの記事にまとめていますので、よろしければ読んでいただけたら嬉しいです。

以上、【プレパパに知ってほしい】産褥期のリアル 産後ママのレポートでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました